生活保護を受けている場合は葬儀を無料でできる

男の人

存在する意味

線香

住宅環境の変化により、仏壇も伝統的な大きなサイズから、コンパクトサイズへとシフトしています。亡くなった方との繋がりを持つための仏壇ですが、最近では現代のリビングや家具ともマッチするようなものも販売されています。

Read

業者に依頼する方法

荷物の整理

西宮で遺品整理を業者に依頼するという場合には、いくつかの業者に見積りを依頼し、サービス内容を確認するようにしましょう。時間が無いという場合であっても、すぐに業者を決めることは避けたほうが良いでしょう。

Read

濃くてゆっくりとした葬儀

合掌

家族葬は一般の会葬者が参列することがありませんので、喪主にとっては大変に楽にできる葬儀になります。城東区でも主流になっている葬儀の仕方で、費用も会葬者がいないことで、安く式を終えることが可能になっています。

Read

完全無料でできる葬式

葬儀会場

葬祭扶助制度を活用

一般的な葬儀には数十万円〜百万円以上の費用がかかることも珍しくありません。お金に困っていて、とてもそんな費用は出せないという場合もあります。生活保護法には葬祭扶助という制度があって、生活困窮者の葬儀費用を自治体が負担してくれることになっています。これを利用して、完全無料で葬儀ができるプランを提供している葬儀社もあるでしょう。自分で葬儀費用を用意できなくても、安心して依頼できるので人気があります。葬祭扶助制度で支給される金額は、自治体によって若干の違いはありますが、大人で20万円程度、子どもで16万円程度が上限となります。そのため葬式の内容はシンプルで、僧侶の読経など宗教的な儀式は省略されるのが普通です。

事前の申請がポイント

葬祭扶助制度を利用できるのは、遺族が生活保護を受給している場合や、故人が生活保護を受給していて遺族がいない場合です。故人が生活保護の受給者でも、遺族が葬儀費用を出せる場合には、葬祭扶助の対象にはなりません。大切なのは葬式を始める前に、市役所などへ葬祭扶助の申請を行なうことです。葬式が終わって費用を支払った後では、申請しても認められない場合がほとんどなので注意が必要です。故人と遺族の住所が異なるときは、原則として遺族の住民票がある自治体で申請を行ないます。申請の方法がわからないときは、ケースワーカーなどに相談すると良いでしょう。また生活保護葬を取り扱っている葬儀社でも、電話相談を受け付けています。